all creation; all nature; all the universe

昭和、平成、令和と3つの元号を跨り、911、311を経験。そして今私たちは目に見えない疫病によって世界の記号を書き換えられています。記号の移り変わりである時代の目撃者。歴史の証人でもある私たちに迫られているのは、

この記号をどう読み解き、どう運用していくのか

という“選択”です。善悪、審美の話も含めて、突き詰めるとどう生きるか、といった死生観に帰結すると私は捉えています。もちろん会社の経営においても同様です。選択の積み重ねが歴史となって、顔を創っていく。そして、引き継がれていくからです。資産になるのか、負債になるのかは選択次第でありますが、もっと言えばそれ以前の設計によるところが大きいでしょう。

設計といっても大袈裟なものではありません。個人の生き様、組織の在り方であります。どういう死生観で、どう生き抜くのか。何を優先し、重んじるのか。内なるものに耳を傾け、自分より大なるものを信じられるか。様々な角度から選択のベースとなる設計を見直せます。

どう生きるか=どういう終わりを描いて運用していくか

と考えたときに、組織におけるテーマの見出し、ゴールの設定、なぜ活動しているのかというのは終わりを意識するところから逆算することは良くあることです。ラグナロクをはっきりと捕まえているのならば、ブレることのない一貫した態度で選択をできるからです。終末を捉えている事が設計の第一歩になり、指針を生み出します。

熱い情熱を持っていても、冷静沈着な頭脳を持っていても、たくさんの信頼を獲得できていたとしても、原理原則に導かれた設計図を持ち、迷わぬ指針を持っていなければいつか尽きてしまいます。情熱の薪を焚べ、沈着な知性でジャッジしていくにはそもそもの設計、指針が必要だからです。個人においても、組織においてもコアにあるものをはっきりと捕まえて、原理原則に基づいた指針を持ち合わせていれば大きく狂うことはありません。仮に狂ったとしても、元に戻っていける軌道修正力が備わっているので狼狽える事はないでしょう。

コマーシャルなものとそうでないものがはっきりしてくるこれからの世界。繰り返しになりますが、情熱と知性、そして培ってきた信頼を活かすためにはコアから導き出された選択が左右すると私は考えています。選択の連続が在り方となるからです。社会のルールが変わり、元に戻ることはもうないというのは私が言うまでもありません。精神と自然の相克は今に始まった事ではないからです。私たちは共に学び、助け合いながら歩んできました。そして、自由があります。全ての記号が書き換わる今こそ、しっかりと捕まえて一貫した態度で臨みたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA