OUR SERVICES

CORE CONSULTING / コア・コンサルティング

インサイト、社会、世界観、アート、デザイン、サイエンス、スピリチュアル、ロジック、エモーション。これらの視界が網羅されているホリスティックなアプローチが次世代に有用となるコンサルティングの姿です。

コア・コンサルティングとは部分の症状という現象を観察・対処しながらも「事業生態系」全体のメカニズムに迫り、真の問題を特定するダイナミックなコンサルティング・サービスです。

真の問題が明らかになるとき、すでに問題の大部分は解決、霧消しています。コンサルティングの最も重要な役割はコンサルティングが不要と成る持続性ある状態を実現へと導くことにあります。

> CORE CONSULTING 

 


MATERIALIZATION / 実体創造

演出、語彙や行間、安全なトレンド、繰り返す露出。これらの妙だけで社会や消費者を動かせると考えるのは古い過ちです。

断言しますが、そうした時代はとうに終焉し、それらしきものが見えるのなら残像に過ぎません。事業本来の価値は顧客の意識や習慣、そしてインサイトがあなたの提供するサービスや商品、コンテンツ、あるいは思想や哲学に対し「お金を投じる」その意思や選択の瞬間に生じるものです。それはまさに事業の実態と呼ぶべきもの。

演出の妙で実態に化粧を施すことは可能ですが実態自体を補完することは原理的に不可能です。本物の事業を実現するならば、あなたの事業の実体そのものに「本物の価値」を実装することを避けて通ることはできません。新たな創造、新たな組み合わせ、新たなコミュニケーションによって輝きを取り戻す既存事業も存在します。

記号株式会社は次代へと持続する実体創造を具現化するためにユニークな手法を用います。

> MATERIALIZATION

 


COMMUNICATION DESIGN / コミュニケーション・デザイン

会社や事業、人、商品、サービス、ブランド。

事業を構築するこれらのレイヤーが社会や顧客、消費者と接触する全ての場面、場所、メディアなどの接触点にはコミュニケーションの機会が存在します。

顧客像を明らかにした上でこの機会価値を最大化するために、必要となる要素を洗い出し、施策全体をエレガントに設計・運用することが記号株式会社のコミュニケーションデザインのコンセプトです。

その結果、顧客や社会の意識に「好感」という見えない資産が醸成されていきます。

> COMMUNICATION DESIGN